知識は盗め。技術は磨け。(池山秀明)

「知識は盗め。技術は磨け。」池山秀明

経歴

1978年 入社
1983年 宮崎土木事務所発注の柳瀬橋側道橋設計
1984年 延岡土木事務所発注の北方橋設計
1992年 旧道路公団発注の一般図作成
1994年 旧道路公団発注の竹花3号橋設計
2003年 宮崎土木事務所発注の新相生橋設計

保有資格

  • 技術士補
  • RCCM(鋼構造及びコンクリート)
  • 農業土木技術管理士
  • 一級土木施工管理技士
  • 測量士

仕事のやりがいと苦労

実務として橋梁設計に携わり、職責として設計部内の職員に対する業務管理を主としている。業務管理を行う中で各人の健康管理の手助けができればと思っている。

入社以来土木設計に携わって来て、思い出に残る構造物を数多く設計することが出来たことがやりがいであり、工期との戦いに苦労した。

仕事の学び方

知識は盗め。技術は磨け。
”先輩の仕事に疑問を持つ”これが、知識を深める一つの方法である。疑問を持つことにより、自分の考えを討議の場に出し理解する。

同僚の声

池山部長はいつもお元気で、職場の雰囲気を明るくしてくださるムードメーカーです。親しみやすい人柄で、社員のみんなに『池チャンマン』と呼ばれ慕われています。
そんな池山部長も仕事に入ると、とても熱くなります。

応募者の皆様へ

より多くの経験をし、技術の研鑽に努めることにより、国土開発コンサルタントの一員として会社の未来を担っていける。

【応募者の皆様へ】
技術者になって良かったと思うのは、結果が残ることです、自分の考えが地域社会の必要とする構造物として半永久に貢献してくれることです。やりがいがあります。

このページの先頭へ戻る